安全マネジメント

弊社は積極的に安全マネジメントに取組み、物流社会全体の安全性向上に努めています。

●リーダースキルアップ研修会の定期的実施
点検 ●新入社員の安全教育
●安全速度データチェック
●乗務前点呼、アルコール薬物チェック
●危険予知トレーニングの実施
●運輸安全マネジメントの内部監査、評価、見直し

[事故防止活動]
ドラムストッパー・車止め・現場パトロールの実施
発車前1分間ミーティング
フォークリフト誤操作事故撲滅の推進
挨拶運動

安全マネジメント

「安全マネジメント」の導入に伴う取組み

1.経営トップ自ら輸送の安全の確保に対する責任を明確化し、安全マネジメント態勢について積極的に 関与し、全社員への周知徹底を図る。
2.輸送の安全に関する基本方針等について

  • (1)現場における安全に関する声を真摯に耳を傾けるなど、 運転者から意見等を上げることができる会社内の雰囲気づくりを構築し 社員に対して輸送の安全の確保が最も重要であるとの意識を徹底させる。
  • (2)具体的な目標を策定して、目標達成のための方策を計画する。
  • (3)事故、災害等に関する報告連絡体制や指揮命令系統の確立。
  • (4)策定した目標等の達成状況について、会社内部で評価・改善を行い、全社員が一丸となって、絶えず輸送の安全性の向上に努める。
  • (5)輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。
  • (6)輸送の安全に関する記録の管理及び保存。輸送の安全に関する基本方針、重点施策、チェックした結果等を適切に記録し、保存する方法を定める。
▲TO TOP